オーダーメイド まくら

ORDERMAID PILLOW

眠りについて、こんな悩みはありませんか?

「いくら眠っても疲れがとれない」「いくら寝ても寝足りない」「起床時に身体のどこかが痛い」
この中にどれか一つでも当てはまるものがあるという方は、現在使用している寝具が自分に合っていない可能性があります。
中でも睡眠と大きく関わりがあるのはまくらです。一度、使用中のまくらを見直してみてはいかがでしょうか?
「まくら選び」と「他のアイテム選び」との違いは、身体に影響のあるものかそうではないかが一番の違いではないでしょうか?
まくらは、人生の1/3もの時間をともに過ごし、健康を大きく左右するほど大切なもの。
見た目や価格だけで選んではいけないという理由が、そこにあります。

あわないまくらを使い続けるとこんな事に!

2
2
2
まくらが低すぎると?

低すぎるまくらでは、頭部がさがり、あごがあがった状態になります。心臓より頭が低くなるため、血が上り、一種ののぼせ状態になり、寝つきを悪くしてしまいます。
また、脳への刺激が増えて不眠気味になるため、目覚めがスッキリせず、顔がむくみやすくなってしまいます。

【低すぎる枕の代表的な症状】
顔のむくみ、寝付きが悪い、不眠症、首筋の痛み、いびき、寝違え

まくらが高すぎると?

高すぎるまくらだと、頭部があがり、あごが引けた状態になります。気道が圧迫され、いびきを引き起こす原因になるだけではなく、呼吸も妨げられ、酸素不足に陥り、「深い眠り」につけません。また、後頭部から首筋・肩にかけての血行が悪くなるうえ、腰への負担も大きくなり、頭痛、肩こり、腰痛の原因に。さらには女性に大敵の首のシワが増えてしまいます。

【高すぎる枕の代表的な症状】
頭痛、肩こり、腰痛、首のシワ、貧血、首筋の痛み、いびき、寝違え

さらに使い続けると?

頸椎は前方、胸椎は後方、腰椎は前方、仙骨、尾骨は後方というように、背骨はS字にカーブをしています。このカーブによって背骨全体で負担を分散しているのですが、背骨は首から腰までつながっているため、まくらの高さがあわず首に負担がかかると、S字カーブのバランスが崩れ、腰にも負担をかけてしまいます。
まくらの高さ選びで重要なのは、頸椎が圧迫されずに、背骨全体が常に自然のS字カーブを描くこと。また、高さがあっていても、寝ている間に中身が偏ってしまうようなまくらでは、理想の姿勢は保てません。

頭部と首部では、高さがそれぞれ異なるため、素材すべてがひとつになったものより、
個別にしっかりと支えられるユニット構造のものを選ぶと良いでしょう。
まくらの選び方

上質な眠りに導く3つのポイント

1.上質な眠りは、体に負担のない寝姿勢から。6つのブロックの高さを5mm単位で調整します。

体型のカーブは人それぞれ。
体型が異なると、身体の負担がかかりやすい箇所も眠る姿勢も異なります。まずは、お一人おひとりの体型にとって理想的な寝姿勢を見つけることが大切です。

寝姿勢を決めるポイントは、まくらの高さ。
頭から首にかけてのラインにフィットする状態をつくるには、何よりも頸椎(けいつい)を安定して支えること(=まくらの高さ)が重要です。フィットラボでは、仰向き寝と横向き寝のどちらにも合う理想的なまくらの高さを見つけて、6つのブロックの高さを決めていきます。

デラックスオーダー

2.中材は心地よい感触を選んで、さらにリラックスできるように。

やわらかめ

柔らかめ
(ポリエステル粒わた)

ふんわりと柔らかな感触がお好きな方におすすめです。

やわらかめ

やや柔らかめ
(エラストパイプ)

しっとりとした柔らかさが独特の質感。女性に人気です。

やわらかめ

ふつう
(ソフトパイプミニ)

ほどよく柔らかさのあるパイプです。

やわらかめ

やや硬め
(ソフトパイプ)

しっかりとした安定感のある大きめのパイプです。

やわらかめ

硬め
(パイプ)

しっかりと硬さを感じる小さめのパイプ。そば殻のような感触がお好きな方におすすめです。

3.心地よい眠りを楽しむために欠かせない、機能性素材。。

毎日使うものだから耐久性や快適性、お洗濯のしやすさにこだわって、機能性素材を採用しています。
やわらかめ

まくら側生地
表地に抗菌防臭加工を施した綿素材を使用し、独自のメッシュ構造を採用。汗によるムレ感も少なく、さわやかな寝心地です。

やわらかめ

ベース層(デュオセルフォーム)
適度な反発性と通気性に優れ、冬でも硬くなりにくい新素材(デュオセル)を採用。

中材

中材
パイプは空洞状になっているため、洗濯後の水切りがよく、熱がこもりにくい構造です。

まくらにとって、眠りにつくまでの快適さも大切ですが、
眠りについた後の快適さのほうが大切なのです。
まくらの選び方

オーダーメイドまくらができるまで

fitlaboリンク
step1
西川リビング認定、快眠マイスターがていねいにカウンセリング。

西川リビング認定、快眠マイスターがていねいにカウンセリング。

“誰かに話すことで、自分のクセが
見えてくるものなんですね”

まくらSTEP1
step2
身体のラインを、仰向きと横向きの二方向で測ります。

ス西川リビングが開発したオリジナルの測定器で、立位姿勢を測定。理想的な寝姿勢を見つけるためには、後ろと横からの二方向が必要です。

“思ったよりカンタン
立ってるだけで測定完了でした”

まくらSTEP2
step3
測定データをもとに体型を判断。まくらの高さを割り出します。

全身測定の結果をご説明します。このデータをもとに、身体にもっとも負担のかからない寝姿勢を見つけ出します。

“自分の体型を知ることで
絹なる症状にも心当たりが・・・”

まくらSTEP3
step4
6つのブロックに中材を入れて必要な高さを作ります。

仰向き寝、横向き寝に適した高さになるように中材を入れます。まくらの硬さは、お好みの感触を5種類の中からお選びください。

“仰向き寝と横向き寝。それぞれに
ぴったりの高さのまくらができた”

まくらSTEP4
step5
その場でフィッティング。快眠マイスターが調整します。

できあがったまくらの寝心地をご体感ください。快眠マイスターが寝姿勢をチェックしながら、5mm単位で最終調整を行います。

“自分にあったまくらって
もんなに心地いいものなんですね”

まくらSTEP5

世界でたったひとつ、あなただけのまくらが完成です。

家具の修理再生
仙台箪笥リスタイル
  
オーダー家具
コーディネートサービス
家具選びのポイント

ユノメ家具百貨店 本店

〒083-0034宮城県仙台市青葉区本町2丁目7-3TEL.022-225-8321 FAX.022-224-3627

営業時間/10:00~18:00